体験談

前世療法

温かい雰囲気のトンネルを抜けた後、自分が過去の世界に裸足で、草原の上に降り立てたことに本当に驚きました。その後すぐに場面が変わり、今の自分と同じ年齢の25歳の女性でイギリスの貧しいジャガイモ農家に降り立ちました。その時の食事(シチューに少しの野菜とジャガイモのみなど)も分かり、本当にリアルでした。私の今世での特にわけのないジャガイモ嫌いも、前世でジャガイモばかり食べていたからだなと気づき、こんなところでもつながりがあるものなのかと驚きました。その後、27歳で結婚したのですが、前世の旦那と今世の旦那が同じということに、前世の彼の眼を見た瞬間に分かりました。子供は二人で双子、旦那は機関車関係の仕事をしていることも分かりました。降り立った年代と場所を尋ねられた時に、1846年のイギリス・ウォータールー地区に住んでいることがすぐに分かりました。後で調べてみると、本当にその年から、その場所で機関車の開発が始まっていたことが分かり、驚愕でした。また、過去世の自分は、近所の人を家に招き、楽しく過ごしていたようでした。今の自分は人づきあいがとても苦手なのですが、そこでコミュニケーションの大切さや楽しさを教えられました。過去世の自分からは、常に笑顔で周りの人と仲良くすること、毎日楽しく過ごすこと、周りにいる人への感謝をわすれないように教えられました。また、今世にも共通する点(子育てが楽しい・料理が得意など)もあり、自分のことをもっと知れて、今後の人生に活かせそうなので、やっていただいて本当に良かったです。

K.H様 20代 女性

最初は「見る」ことを意識しすぎたのか、なかなか集中できず。イメージすることのコツを掴んでもう一度進めてもらってからは、具体的な映像として目の前にいろいろな光景が広がりました。ときどき現実に意識が向くこともあって、不思議な感覚がありました。目が覚めてからハッキリ分かることも多く、自分で見たこと、今までの経験を元に解釈してしまっていることもあるかもしれませんが、私の見た前世を書き留めてみます。

1627年、イギリスのブライトン。エマ(女性)20歳~73歳まで生きた。1人で過ごしていることが多く、仕事も結婚もしていない。足の感覚がなく、歩けないのか、、、。外出することも外の世界も知らないことが多い。綺麗な夕焼け、星空、庭に花や鳥や蝶を見ることが楽しく、本を読んだりして、穏やかに退屈に過ごす。海の綺麗なところ、歌を聴くために馬車に乗っているところ、天井画に見とれていること、家以外での印象的な事柄もありました。晩年はベッドの上から本を眺め、もう少し読みたいと願いながら眠気に逆らえず、そんな感じでした。家に人の気配を感じたり、厳しい父親、先生とのレッスン(嫌なこと)がありつつも人のことに関してはあまり関心がなかったことも印象的でした。現世の私のことを「うらやましい」と「良かった」と思い、涙が溢れて戻ってきました。

O.S様 30代 女性

ソファに横になり、声を聞きながらイメージするようにしていましたが、時々ふっと何度も行ったり来たりしました。

その後具体的なイメージをする様になりましたが、不思議な感覚でした。

最初に見えたのは暗く冷たい(アスファルト?)道が見えましたが、裸足でいるのに足元はフワフワ地面から浮いていました。その後いろいろな質問に答えていくと、導き出されたのは、1820~1900年頃アメリカのセントラルパーク周辺に住む、ジェシーと呼ばれる女性でした。

家族(お父さん)が輸出関係の仕事だったらしく、お金持ちの家のお嬢さんとして育ったようです。中国らしき街でウィンドウショッピングをしていたり、日本家屋の中でお手伝いさんが何人もいる所で、家族と食事をしたりしていました。

30代以降、アメリカのセントラルパークを見下ろすマンションで過ごしていました。キャリアウーマンの様でとてもスタイルの良い素敵な女性でした。仕事の仲間や友達に囲まれて幸福そうでしたが、結婚はせずマイクという14才年下の彼と過ごしていました。

豪華客船で旅したり、散歩などで体を動かしたり、晩年も悠遊自適に過ごしていました。

終の住処はやはりセントラルパークの近くの大きな木に囲まれた家でした。ジェシーの一生を通して、人を大切にすること、嘘をつかないこと、正直まじめに生きていれば信頼されるという言葉が浮かびました。

今の仕事にも通じることですが、皆を幸せにしてあげたい、手を取ってあげること、話を聞いてあげること、優しく包んであげること、自分に自信を持って、私は私のままで良いと言われました。常に幸せな温かい雰囲気の中に包まれていました。目を開けてからもずっと幸せでした。自分自身終わってみて、本当に自分で話をしていたことが、不思議ですがまぎれもなく自分で話していたことばかり。今も温かく包まれています。ありがとうございました。

M.I 様 50代 女性

頭の先からつま先に向かって、順々に緊張がとけていった。

体もずっしり重くて、心地よくじんわり体が温かくなった。

少し眠たくて、夢を見ているような感覚

声や音などは聞こえなくて無音

タイムスリップ?してる感覚で風景が見えてきて、色もはっきりと見える。

草原にいたり、道を歩いていたり、家の中で6人でご飯を食べていた。木のテーブル、木の造りの家で、何品も料理があってチキンの丸焼きだけはっきり見えた。自分がどんな顔をしているのか、どんな名前なのかわからなかった。催眠が取れる直前が大草原が見えて、大きな緑の木が一本。牛もいた。グレーの雲?がぐるぐると自分の周りを回って包まれていて、催眠がとれた。

Y.K様 20代 女性

白い光に包まれながら前世に行きました。目の前が開けたと思ったら、足元はふわふわしていて周りは木や葉っぱで目に優しい場所でした。両親はいなかったけれど、祖父父母がいて、牧場があって毎日楽しい生活を送っていたことが分かりました。26歳の時には結婚もでき、子供にも恵まれていて私の前世はとっても幸せな人生を過ごしていたんだなと感じました。現世に戻ってくるときも、急に周りが真っ白になって上に引っ張られているような感覚でした。自分では催眠がかかりにくいと思っていたけれど、想像以上に前世の光景が見えていてビックリしたのと、同時に体が軽くなり、スッキリしました。 

E.I様 20代 女性

私の前世と今世は深い関わりがあったことにとてもビックリしました。私は今世で思っていることに 1お金じゃない 2みんなで楽しく仲良く 3心豊かで(物やお金じゃない) この気持ちがとても強くありました。私自身はこれが当たり前だと思っていても、年齢を重ねるごとに周りからは「綺麗ごと」「夢でご飯は食べられない」などと言われることが多くなり、自分がおかしいのか?と思うことも増えてきました。

 

でも今日、これでいいんだ!と自信をもって思えるようになりました。それは前世の自分と出逢ったからです。前世の私は、親も身内もいない孤児でした。たぶん捨てられたと思います。施設のようなところで育った私は、血のつながりがない人と共に生活していました。しかし、とても幸せに過ごしていました。少し年月が過ぎ、村のような集落の様な所で私はもらわれたんだと思うのですが、そこで暮らすようになっていました。ここでの生活はとても楽しかった。みんな血のつながりはないのにとても仲良し。食べる物は少なくて貧しいのですが、なぜだかとっても心が豊かでした。しかしこの後私はお金で買われます。(能力を認められたことで)私は戦争に行くためにあるお城の様な所へ。ここでは色々なことを学んでいました。(勉強?戦い方など)しかし、ここには「心」というものや楽しく、仲良くというものが全くなく、私はとても辛く、悲しい、イヤだ、、、この気持ちしかなく、戦争へ行き死にました。きっと暮らしぶりは、お城へ来てからの方がよかったと思うのですが、そこには心の満足がないからとても悲しい、辛いと言っていました。

 

そんな前世からの私へのメッセージは、

 

みんな仲良く、楽しく、お金や物がなくても心が豊かな方がいい。物やお金を欲しがってはいけない。心の豊かさを大切に。と。

 

カウンセリング中も、今の自分が「そう!そう!そうだよね!!」とめっちゃ共感するのが分かりました。今までの私は、他人にそこまでする必要あるの?とか、お金が大事じゃないなんて綺麗ごと!と周りから言われて考え方を変えなきゃいけないのかな、、、と思っていましたが、前世の自分と逢ってから、その気持ちはなくなりました。今の私も親もいないです。身内もいないです。子供は2人います。本当なら孤独な人生のはずですが、私の周りにはいつもたくさんの人がいます。そしてみんな笑ってくれています。お金や物で繋がっている人は1人もいないです。とにかくみんなでいると、心が豊かで幸せを感じます。私はお金に興味がないので、お金がなくても幸せになれると本気で思って今日まで生きてきました。こんな私の生き方には前世との深い繋がりがあったからだと今は思っています。すっきりです!本当に良かった。ありがとうございました。 金・物<心 です!

S.M様 30代 女性

Inspiration

インスピレーション

愛知県豊橋市羽根井西町12-32

☎080-3026-3159

✉inspiration.toyohashi@gmail.com

🌐http://www.inspiration-toyohashi.com/